• 床工事

長尺シート張替え工事

製品概要

長尺シートは、塩化ビニル系樹脂のシートで、耐水性に優れているだけでなく、簡単に水拭きもできるなど清掃がしやすく、メンテナンス性の良さが特徴です。 フローリングやタイルと比べると、施工も比較的簡単な床材です。 また、重量物をシートに置いても凹みにくく、傷や摩耗に強いという点も床材としてメリットがあり、商品によっては、防水、防滑、耐薬品性、遮音など様々な機能を持つ長尺シートもあります。 そうした特徴から、土足で使用する場所、オフィスや店舗、公共施設など、人の出入りが多い場所によく使用されています。 カラーバリエーションとデザインが豊富なことも、長尺シートの魅力的なところです。 たとえば、木のフローリング調や石タイルをリアルに表現したデザインなどもあり、色で空間に合わせてデザインできることから、オフィス室内の床イメージを思い通りの雰囲気にすることも可能です。 床材として多くのメリットがある長尺シートは、オフィスの床材におすすめです。 このように、メリットが多い長尺シートですが、最近のオフィスの床に多い、OAフロアには通常施工されませんので、下地がコンクリートかコンパネの床に使用は限られます。

オフィスには、長尺シート床材での内装工事をご提案いたします。

オフィスの床材は、基本的に長く使うことを考えて、耐久性とメンテナンス面も考慮して選ぶことが重要です。 住宅で使用されるクッションフロアと同じく、ロールに巻かれたシート状の長尺シートは、表面のプリント層と塩ビ製の基材で構成されており、しっかりとした硬さがあることで、傷つきにくい材質で耐久性に優れています。 シートの表面が塩化ビニルで、表面の層が厚く耐水性もあり、汚れが付きにくくタイルカーペットより掃除が簡単な床材です。 長尺シート張り工事は、タイルカーペットの汚れやすさが気になる場所や、台車をよく使用するような耐荷重・耐摩耗性を要する場所におすすめしております。 また、デザインのバリエーションも豊富で、手軽に理想の雰囲気を作り出すことができることから、「床をフローリング調にしたい」「エントランスを石畳み調にしたい」など、床に個性を出したいというお客様のご要望に、ご提案させていただき採用されております。 タイルカーペットから長尺シート張りに変更したいなど、既存の床の張り替え工事や修繕工事も承っております。 弊社では、様々な企業様の内装工事に携わってきた経験から、使用用途やお客様のご要望に最適な床材をご提案しております。 また、屋内のみならず、雨の掛かる屋外の廊下や階段の長尺シート張り工事も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

サービスの流れ

法人専門内装プロでは、経験豊富な担当者が、ヒアリングからご提案、施工、アフターフォローまで一貫して責任を持って対応させていただきます。
限られた予算や難しい施工条件でも柔軟に対応しております。お気軽にお問い合わせください。

  1. 01

    ヒアリング・
    現地相談

    「オフィス内装工事費用を抑えてオフィスを改修したい」「時間をかけずに手早く内装工事したい」など、まずはお客様のご要望をしっかりとお聞きいたします。

  2. 02

    ご提案・お見積り

    お客様のご要望をふまえて、ご満足いただけるよう最適な内装プランをご提案いたします。法人専門内装プロの経験豊富なスタッフが丁寧にご説明させていただきます。

  3. 03

    施工

    オフィスに入居したままや、御社の定休日を活用して、出来る限り業務に支障が出ない様にスムーズにオフィス内装工事を行います。スケジュールのご相談もご遠慮せずにご相談ください。

  4. 04

    アフターフォロー

    オフィス内装工事完了後の営業初日には、弊社担当者が現地に立会います。使ってみてのご要望や不測の事態にすばやく対応いたします。また、お引き渡し後1年間は無償補修を承っております。

取引実績

大手企業様の実績もあり、オフィス内装工事のノウハウが豊富。
小規模なオフィス内装工事から、大規模なオフィス内装工事までおまかせください。